PR
Search
Calendar
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
書評/『知の湧水』(ワック)/渡部昇一
0

    宮崎正弘/書評

    日本が文化的先進国である一つの象徴は『神学大全』の翻訳である
    英国、仏蘭西、伊太利亜などでしか全訳は出版されていない現実


    渡部昇一『知の湧水』(ワック)
    @@@@@@@@@@@@@@

    「希代の碩学、珠玉のエッセイ」とあって「知の巨人、ラストメッセージ」という文字が本書の帯を飾っている。
    それにしても湧き水のごとく、次々と英知が現れてくるという碩学が世の中にはいるのである。知の湧水とは、じつに適切なタイトルだと思った。
    先日、イグナチオ教会で行われた氏の追悼ミサの入り口に看板があって、仏教でいう氏の戒名は「聖トーマス・アキナス」とあった。
    本書を読んで、その聖名の理由がよくよく理解できた。
    渡部氏は、このなかでドーマス・アキナスに幾多のページを割かれ、とりわけ『神学大全』について詳述されているからである。
    なにしろ、この世界一難解とまでいわれる書物の原書を氏は三回も精読された。「神学大全邦訳完成記念」セレモニーでは、氏がスピーチもされた。

    さて本書を通読したあと、印象的な既述が二ケ所あった。これは個人的な感想であるが、まずはアリストテレスとプラトンの差違である。
    「この二人の大哲人の切り口は全く違った方向に向いていたと言える。つまりプラトンの切り口は『東』に開かれており、アリストテレスの切り口は『西』に開かれていた。プラトンの思想は東洋にも偏在したいたが、アリストテレスは西欧の中世に花開き、実を結び、西洋と特徴付ける哲学となった」(162p)。
    プラトンは「不滅の霊魂とその転生について語っている」のである。『プラトン全集 第1巻』(岩波書店)には次の言葉がある。
    「たしかに、よみがえるという過程があることも、死んでいる者から生きている者が生じるということも、そして死者たちの魂が存在することも、本当なのである」

    なぜこの箇所に評者が惹かれたかといえば、生前の氏との会話(下段追悼文『附録』を参照)に三島由紀夫の転生が話題となったことがあるからだった。

    もう一つは渡部昇一氏が子供三人、孫五人に囲まれた金婚式での感激をさらりと綴ったなかでの、次の文章である。
    そのまま引用すると、
    「子供を育てるということは大変なことである。しかしわれわれはそれをーー当時の大部分の日本人のようにーー当たり前のことと受け止めていた。しいて言えば子供で苦労することは当たり前の人間にとって『人生の手ごたえ』と感じたとでも表現できようか。子供の教育費がなかったらもっと贅沢な生活ができただろうになどとは考えなかったし、子どもがいるので生きる張り合い、働く張り合いができたというべきであろう」(引用止め)
    こんにちの少子高齢化社会への警告的な譬喩である。

    (附録)
    「渡部昇一氏を悼む/宮崎正弘」(拙メルマガ4月19日号より再録)
    (引用開始)
    「渡部昇一氏が4月17日に亡くなった。振り返れば、氏との初対面は四半世紀以上前、竹村健一氏のラジオ番組の控え室だった。文化放送で「竹村健一『世相を斬る』ハロー」とかいう三十分番組があって、竹村さんは一ヶ月分まとめて収録するので、スタジオには30分ごとに四人のゲストが待機するシステム、いかにも超多忙、「電波怪獣」といわれた竹村さんらしい遣り方だった。
    ある日、久しぶりに呼ばれて行くと、控え室で渡部氏と会った。何を喋ったか記憶はないが、英語の原書を読んでいた。僅か十分とかの待機時間を、原書と向き合って過ごす人は、この人の他に村松剛氏しか知らない。学問への取り組みが違うのである。
    そういえば、氏のメインは英語学で、『諸君!』誌上で英語教育論争を展開されていた頃だったか。
    その後、いろいろな場所でお目にかかり、世間話をしたが、つねに鋭角的な問題意識を携え、話題の広がりは世界的であり、歴史的であり現代から中世に、あるいは古代に遡及する、その話術はしかも山形弁訛りなので愛嬌を感じたものだった。
    近年は桜チャンネルの渡部昇一コーナー「大道無門」という番組があって、数回ゲスト出演したが、これも一日で二回分を収録する。休憩時に、氏はネクタイを交換した。意外に、そういうことにも気を遣う人だった。
    そして石平氏との結婚披露宴では、主賓挨拶、ゲストの祝辞の後、歌合戦に移るや、渡部さんは自ら登壇すると言いだし、ドイツ語の歌を(きっとお祝いの歌だったのだろう)を朗々と歌われた。芸達者という側面を知った。情の深い人だった。
    政治にも深い興味を抱かれて、稲田朋美さんを叱咤激励する「ともみ会」の会長を務められ、ここでも毎年一回お目にかかった。稲田代議士がまだ一年生議員のときからの会合で年々、参加人員が増えたことを喜んでいた。
    最後にお目にかかったのは、ことしの山本七平授賞式のパーティだったが、氏は審査委員長で、無理をおして車椅子での出席だった。「おや、具体でも悪いのですか」と、愚かな質問を発してしまった。
    訃報に接して、じつは最も印象的に思い出した氏との会話は、三島由紀夫に関してなのである。
    三島事件のとき、渡部さんはアメリカに滞在中だった。驚天動地の驚きとともに、三島さんがじつに偉大な日本人であったことを自覚した瞬間でもあった、と語り出したのだった。渡部さんが三島に関しての文章を書かれたのを見たことがなかったので、意外な感想に、ちょっと驚いた記憶がふっと蘇った。
    三島論に夢中となって、「憂国忌」への登壇を依頼することを忘れていた。合掌」(引用止め)。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    あの巨大津波で松島基地に係留されていた戦闘機は塩漬けになった
    奇跡の修復プロジェクトによって13機が前線に復帰した


    小峯隆生著、柿谷哲也撮影『蘇る翼 F2B津波被災からの復活』(並木書房)
    @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

    こういう物語があったこと、知らなかった。
    東日本大震災直後の2011年4月、松島基地を取材で訪れた筆者は、津波で大きく損傷したF2Bを見た。
    塩漬けの無惨な姿で、最新鋭機が転がっていたのだ。
    評者(宮崎)と言えば、あの日、福建省福州にいた。滞在したホテルで胸騒ぎがして、東京に国際電話を申し込んだが一時間通じなかった。災害発生を知り、部屋のテレビを入れると、生々しい被害状況が刻々と映し出されて驚愕した。
    東京も交通が痲痺しており、評者は上海で二日間待機し、帰国したことを思い出した。

    さて被災した戦闘機である。精密機器の塊である戦闘機を完全修復することは不可能だろうと予測された。世界中でも、そんな例はなかった。
    航空自衛隊にとって複座型のF‐2Bは、戦闘機パイロット育成のために、なくてはならない機体だ。しかもF‐2の生産は終了しており、新たに製造することはできない。このままでは日本の国防に大きな空白が生まれてしまう。
    安全保障上、由々しき問題であり、かと言って制約された防衛予算をみれば代替機の購入など夢の物語である。
    塩漬けとなったF‐2Bを復活させることはできないだろうか?
    空幕内に「チーム松島」が結成され、前代未聞の「海水漬け」戦闘機の修復プロジェクトがスタートした。

    男たちの挑戦が始まった。ついに18機のF‐2Bのうち13機が修復され、再建された松島基地に続々と帰還したのだ。
    壮大な戦闘機修復プロジェクトは、いかに実行され、成功したのか? 
    筆者は数か月かけて、航空幕僚監部、松島基地、三菱重工業小牧南工場、IHI瑞穂工場、国会議員など、多くの関係者にインタビューを重ね、このプロジェクトが関係者の熱意や努力ばかりではなく、深い洞察力に裏付けられた判断力と実行力によって成し遂げられたことを知った。
    損傷した航空機や施設、すなわち戦力をどうやって回復させるか、そのためには何をなすべきかを計画・立案した空幕の強力なリーダーシップ、予算措置など政治・財務面のサポート、そして何より損傷機の修復に取り組んだメーカーの熱い「ものづくり魂」がひしひしと伝わる感動のドキュメントが出現した。
     

    posted by: samu | 書評 | 10:31 | - | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 10:31 | - | - | - | - |