PR
Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
書評/『尖閣だけではない、沖縄が危ない!』(ワック)惠 隆之介
0

    書評 /宮崎正弘

    なぜ沖縄は中国に操られ、米軍基地で裨益する「県民」が反対するのか?
    行政単位で最大の予算配分、飲酒過剰で長寿王国は返上

    衝撃の内容を含む新刊、恵さん渾身の力作である。
    沖縄独立を主張するグループがあるが、民族主義の純粋な浪漫主義かと思えば、これを背後で操っているのは中国だという。
    沖縄経験の長いケント・ギルバード氏によると、反米軍基地にあつまる左翼には、日当がでているうえ、殆どが外人部隊、なかに韓国人活動家も多数混ざっているそうな。
    この歪んだ沖縄独立論の横行を放置すれば、やがて沖縄の真の独立は失われ、チベットやウィグルの悲運の二の舞を演じるだろうと恵氏は危機を警告する。
    沖縄の二大メディアは極左である。不思議なことである。
    米軍基地に反対を叫んでいる『市民』とは、じつは「県民」ではない。沖縄の行政単位では、米軍基地の誘致を本心では望んでいる。
    恵さんは、その現場で或る村長から基地誘致を要請された実話も紹介している。
    沖縄関連予算は、じつに1兆2000億円にのぼるから庁舎はまるでチャウシェスク宮殿のミニチュア版のごとし。林立する豪華なマンション、ホテル。。。。。贅沢に慣れてしまって深酒をするため、長寿日本一の座から滑り落ちたのはご愛敬と言うべきだろうか。
    地元民が反米であろう筈があろうか?
    かねてからの疑問を本書はさらりと解いてくれる。
    まず国庫支出金で沖縄県には3858億円。地方交付税は3575億円。これらの普通会計のほかに『沖縄振興予算』と「防衛省関連予算」が加わる。合計の国費受取額は、なんと1兆2240億円で、県民ひとりあたり86万1000円である(ちなみに全国平均は12万円だ)。
    それなのに毎年、沖縄県知事が東京へ予算折衝にやってきて、『たかる』のである。アレレ、何処かの国の圧力団体に似ているなぁ。
    さて本書にはいくつもの貴重な情報が配置されているが、紙幅の関係でひとつだけ。
    かのペルー提督は黒船を率いて、六回、沖縄に寄港している。その時の記録が残されているが、「沖縄は事実上も、また法律上も正に日本の一部である」と断定している。
    そして「那覇には薩摩藩の旗が翻っており、守備隊が配置されている」。
    さらに琉球の貿易はすべて日本と行われており、この沖縄が清国に属することはあり得ないと結論している。
    左翼にとって、この不都合な文献は紹介されることはなく沖縄の歴史もまた『左翼ガクシャ』等によって改竄された。
    中国船は尖閣諸島の周辺海域をチョロチョロ動き回っているが、『尖閣だけではない。沖縄が危ない』のである。
    □▽◎□◇ □▽◎□◇
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    書評 /宮崎正弘

    福山隆『米中は朝鮮半島で激突する』(ビジネス社)

    タイミング良く、日本の危機管理と対応の適正な方法を提言
    なぜ米中は必然の宿命として軍事対決に至るのか、地政学的にやさしく解説


    著者は元陸将(つまり陸軍大将)、四半世紀前に、氏が韓国の駐在武官だったとき、ソウルでお目にかかったこともある。
    本書のサブタイトルは「日本はこの国難にどう対処すべきか」となっている。
    おりしも、朝鮮半島に戦雲が近づき、一隻の米空母が日本海に入った。もう一隻が横須賀あたりに、そしてあと一隻の空母がインド洋からか、地中海からか、日本海にやってきたら、本当の戦争が起こる。
    戦々恐々の北朝鮮は時間稼ぎだが、トランプも「金正恩はちょっとばかり頭が切れる男だな」(PRETY SMART COCKIE)とへんに持ち上げてみせ、空母の戦闘態勢が整うのを待つ。
    中国は介入するのか、北朝鮮に圧力をかけるのか、鵺的な覇権国家ゆえに、なにか別の企みがありそうだし、ロシアとて黙ってはいないだろう。
    いざ戦争がはじまったら日本はどうするのか?

    その問題が本書の肯綮にある。
    福山氏は、アメリカも中国も、ともにマハンの「海洋権力」という海の地政学の門徒であることが共通であり、したがって、いずれ勝負をつけなければいけなくなると衝突への必然性を説く。
    これが本書の一番の特徴である。
    なぜ不可避的に米中が軍事衝突へいたるかは、本書にあたっていただくとして、世にはびこる平和的解決論の虚妄を、実務経験的立場から、それとなく揶揄しているのだ。
    問題は日本の危機管理である。
    「核戦争にエスカレートしないようにお互いが『手加減』を加えて戦い、双方の領土・市民を直接攻撃することには慎重になると思われる。その代わり、在日米軍基地のある日本という『戦場』においては、両国は遠慮会釈なく振る舞うだろう。米軍は家族や軍属を含め、激突以前に日本から逃げ出すだろうl」
    しかし「有事に於いては日本は米国と一定の距離を維持する必要がある」と福山氏は言う。
    古典的教科書ともいえるマハンの『海洋権力史論』がいうには「海軍は商船によって生じ、商船の消滅によって消える」。つまりマハンのシーパワーとは「海軍力の優越に拠って制海権を確立し、その下で海上貿易を行い、海外市場を獲得して国家に富と偉大さともたらる力」だからだ。
    嘗て世界の七つの海を支配して英国海軍も海上交通路の要衝を抑えて、覇権を確立した。中国はそのマハンの教え通りに黄海、東シナ海から南シナ海へのシーレーンの要衝を抑え、チョークポイントに軍事施設を建設し、マラッカの先への商船の通り道のあちこちに拠点を確保しようと死にものぐるいである。
    大日本帝国華やかなりし時代、時の明治政府はドイツからメッケルを顧問に招き陸軍士官で教鞭を取らせた。それが陸戦でも日露戦争を勝利に導いた原動力のひとつとなった。
    帝国海軍は、じつはマハンを招聘しようとしていたという秘話も、さりげなく本書に挿入されている。

    posted by: samu | 書評 | 11:06 | - | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 11:06 | - | - | - | - |